IT関係のお仕事をしたい場合は

実績とスキルを棚卸ししよう

外資系企業でIT関係の仕事を探したいと考えている場合にまず重要なのは今までエンジニアとして培ってきた実績とスキルを棚卸しすることです。外資系企業では目的志向で人材を獲得する傾向が強く、即戦力のエンジニアを求めます。この業務をしてもらいたいというのが具体的に決まっていて、それに関連する実績がある、そのタスクをこなせるスキルを持っているという点を重視して選考するのが一般的です。そのため、求人を選ぶときにはどんな実績やスキルを活かせるのかを明確にしておくことが必要になります。まずは今までどんな仕事に従事してきていて、どのような観点から自分の実力やポテンシャルをアピールすることができるのかを考えましょう。

エージェントを活用しよう

エンジニアの採用では本当に適任者なのかどうかを見極めるのが企業側としても難しい場合がよくあります。特に外資系企業では新しい事業を進めるために、社内にいるエンジニアが持っていないスキルを保有しているエンジニアに向けた求人を出す場合が多いのが特徴です。そのスキルの高さを評価するのが難しいことから、第三者機関を利用して適格者を採用しようとしていることが少なくありません。そのため、転職エージェントを利用して求人を探すことで選択肢が大幅に広がります。IT関係の業務は多岐にわたっているので総合的に判断できるプロに相談すると自分なりにやりたい仕事ができる外資系企業にマッチングしてくれると期待することもできるでしょう。