日本企業よりも女性が勤務しやすい

キャリアアップは能力次第

外資系企業は女性が働く場所としておすすめされることがありますが、その背景には男女を問わず能力のある社員には積極的に仕事を与えるというカルチャーがあります。伝統的な日本の企業では、表向きは男女平等を標榜していたとしても、年配の社員を中心に昔ながらの考え方が根強く残っていたりして、なかなか女性社員には重要な仕事が回ってこないというところも一部にはあるようです。外資系企業であれば、そのような風習に縛られることなく女性であっても伸び伸びと活躍できる素地が整っているケースがほとんどですので、特に積極的に仕事をこなして上を目指したいと考えているキャリア志向の女性にとっては外資系は魅力的な職場となるでしょう。

女性に配慮した労働環境

男女平等と言いつつも、生物学的な違いから女性の働き方には一定の配慮が必要となる場合があります。例えば、生理や出産などは、どうやっても男性は経験することがないものですが、女性にとっては身体への負担が大きい一大事です。外資系の場合、この点への配慮が徹底されているケースが多く、生理休暇や出産休暇などの各種休暇制度が充実している上に、それらを活用して休んだとしても将来のキャリアアップの妨げになることはありません。周りの目を気にするあまりに制度はあるのに利用できないといった日本企業にありがちな状況は発生しにくいため、いずれ子供を生みたいと考えているような女性にとっても、外資系企業はおすすめの転職先なのです。